アートメイクって何?

女の人

化粧いらずなアートメイク

女性の間で人気が広まっているのが、眉や目元に色素を注入して行うアートメイクというものです。色素を入れると聞いて刺青を肌に入れることも想像する人もいるでしょう。しかし、このアートメイクは刺青と違って痛みが少なく色素がだんだん消えるという特徴があるのです。

刺青にとアートメイクの違い

刺青というのは肌の真皮や皮下組織と呼ばれる部分に施術を行うものです。一方、アートメイクはそれよりも肌の浅い部分である表皮に色素を入れているのです。皮膚の0.01mmから0.03mmといった浅い部分に入れており、水では落ちませんが数年で色が薄くなっていくことが特徴です。

アートメイクで何ができるのか

アートメイクは皮膚の浅いところを染色することで、化粧よりも綺麗で自然なメイクを作ることができます。普通のメイクと違ってはっきり色を目立たせるというものではありません。染色した部分は水で落ちないので、メイクベースとして形を作っておくという意識の方がいいでしょう。

針で施術するけどそこまで大きな痛みがない

アートメイクの施術には専用の針が用いられます。その針を皮膚に刺して色素を注入していくので、多少痛むことがあるでしょう。しかし、刺青と比べるとそこまで痛くはなく、人によっては毛を抜くときと変わらないくらいの刺激ですむこともあります。アイラインを入れるという場合も大きく腫れることは少ないようです。

入れた色素はどれくらい持つのか

アートメイクで色素を入れると一般的に2年から3年くらいは肌に色が残るでしょう。その間、水に濡れても洗顔をしても落ちることはありません。長い人の場合は約5年ほど効果が残ることもあるといいます。長持ちさせたい場合は定期的にメンテナンスを行うといいでしょう。

落ちないメイクで気軽に外出しよう

水で落ちないアートメイクを行うことで、眉やアイラインなどのメイクをしなくても形が整った状態になります。眉毛をかく暇がないというときやちょっとした外出でも便利です。また、自分で行うよりも綺麗な形や仕上がりをキープすることもできるのです。

アートメイクが出来る部位はここ!

眉(アイブロウ)はアートメイクで一番人気な部位だと言えるでしょう。この部分をアートメイクにすることで、形が綺麗で消えない自然な眉を作ることができます。海水浴やエステ、スパや温泉でも綺麗な眉毛を保つことができるでしょう。薄い眉を整えるのにもよくアートメイクが用いられています。

アイライン

目を大きく見せるためのアイメイクも、アートメイクで消えないようにしておくと便利です。まつげの生え際にラインを入れるという作業はかなり手間になることもあります。ラインがズレたり、左右非対称になってしまったりすることもよくあるでしょう。アートメイクをすることでその手間を省くことができます。また、目をこすりやすい人にとっても便利でしょう。

リップ

リップ(唇)にアートメイクをする場合は輪郭部分のみに色素を入れる方法と、全体に入れる方法があります。年齢とともにぼやけてしまう唇の輪郭を鮮明にすることができるのです。唇に色を入れることではっきりとした顔立ちになり、顔の血色がよくなります。

ホクロ

ホクロを入れたいという場所にアートメイクを施すことができます。顔はもちろん、体の好きな部分に入れることができます。印象を変えたいというときや、運気の上がる部分に消えないホクロを作りたいというときに便利でしょう。目尻の下あたりにホクロを入れるという若い人も多いようです。

乳頭や乳輪

乳頭や乳輪にもアートメイクを施すことは可能です。色が濃くて悩んでいるという場合には薄い色を入れて自然なピンクへ近づけることもできるでしょう。小さい乳輪の場合濃い色では大きく、大きいという場合には周辺の肌に色を合わせて小さく見せることもできます。

アートメイクに関する悩みを解決しよう!

針で施術するから施術中はやっぱり痛いのでしょうか?

アートメイクはクリニックで行うことができるものです。そのため、施術のときに専用の麻酔を使用して痛みを軽減することも可能です。痛みに弱いという場合は施術をする前にしっかり医師と相談してください。

入れた色素はどれくらいの期間持続しますか?

一般的には2年から3年くらい効果が持つでしょう。その後だんだん薄くなりますが、完全に消えるというものではありません。薄くなっても残るので、流行りに関係なくメイクで整えられるようなデザインにするといいでしょう。

デザインはどうやって決定させているのですか?

基本的には施術を受ける人の希望を聞きながら医師や看護師、技術者がデザインを施します。直接顔に描いて幾つかのデザインを提案することもあるでしょう。カウンセリングの中でしっかりと希望を伝えることが大切です。

アートメイクをするとMRI検査ができないって本当?

MRI検査は磁気を利用して体内を撮影するという検査です。そのため、アートメイクや刺青の色素に含まれる金属誘導体が反応してしまう可能性があるのです。その結果熱感や熱傷を生じる恐れがあり、医療機関によっては検査ができない場合もあるようです。検査を受ける前に、刺青やアートメイクについてしっかり話しておくようにしましょう。

施術したアートメイクを消すことはできますか?

アートメイクで失敗してしまった場合に除去することは可能です。除去するにはレーザーと切除の二通りの方法があります。レーザーの場合は色素に反応して薄くすることができますが、火傷や痛みをともなうこともあるので注意しましょう。レーザーが反応しにくくなっている部分には切除を行います。

アートメイクについてもっと深く知っておこう

女性

アートメイクの方法

アートメイクを行うときは、手彫りとマシンを使う二通りの技法があります。手彫りの特徴はグラデーションしやすいということです。一方マシンは、短い時間でメイクをしたときのようなふんわりした仕上がりになります。それぞれ仕上がり具合を理解して技法を選択しましょう。

READ MORE
ウーマン

施術までの流れ

アートメイクは一回の施術では色素を綺麗に入れることができません。そのため三回分のトータルで費用を考えるといいでしょう。またアイラインの場合は、上下で料金がわけられていることが多いです。眉の場合は一回で2万円以上の費用がかかるでしょう。

READ MORE
広告募集中